2017年10月11日水曜日

Collins Gear

Collins KWM-1とKWM-2A。


516F-1、516F-2は横に並べると机上に収まらず、机の下に配置。

2017年10月9日月曜日

RCA 50 Single End

現在のメインアンプはWE 300Bシングル。RCA 50シングルはサブにしており滅多に聴いていませんでした。


久しぶりに聴いています。やはり50は銘球であったと再認識。

2017年10月2日月曜日

Collins KWM-1 - Feedthrough Capacitor

高圧用のフィードスルーコンデンサーが到着し、早速実装。

新旧比較。

下が絶縁不良を起こしたオリジナル品。上が代替品で耐圧4KV。

実装の様子。

これで、現状の大きな不具合はほぼ解消。受信感度は現行機 (TS-590SG) 並み、出力は14MHz帯と21MHz帯で100W 。(28MHz帯は未測定)

2017年9月22日金曜日

Collins KWM-1 - Leaked Caps & Others

送信時にスピーカーからガサガサという不定期ノイズの発生、CWモードでの受信時にトーンオシレーターの信号漏れが認められ、さらに高圧800V用のフィードスルーコンデンサーの絶縁不良も発生。

上記2つの問題は使用されていたマイカコンデンサー(プロダクト検波段のC88 220pFとC177 510pF、マイクアンプ V19Bのグリッド・アースのC103 510pF)の交換で解消。フィードスルーコンデンサー C161は代替品が必要で入手待ち。


終段管は6146が指定されていますが、付属管では6146Bとなっていましたので、オリジナル通りに交換。

また21.1 - 21.2MHzと21.2 - 21.3MHz用のクリスタルは12.555MHz、12.624MHzと中途半端であり、新たに12.550MHzと12.600MHzのクリスタルを入手して周波数カバー範囲の是正と読み取りを容易にしています。

2017年9月11日月曜日

Collins KWM-1 - Maintenance

KWM-1の出荷台数を考慮すると当然なのかもしれませんが、KWM-2/2Aと比較すると、KWM-1のメンテナンス情報は驚くほど少ないのが現状です。



まずは電解コンデンサーとペーパーコンデンサーを中心に交換。この状態で通電すると、感度・出力は別にして送受信が可能となり、これ以降は小さな不具合の解消と調整になります。

2017年9月3日日曜日

Collins 516F-1

KWM-1の電源部516F-1です。カバーは外してあります。


入手時は手前の半導体整流器が使用されていましたが、個人的な好みから整流管に戻しています。この電源部には以前の所有者sによる大きな変更は加えられていない様です。平滑コンデンサーは高圧側はオイルコン、バイアスと中圧は電解コンデンサーが使用されています。

2017年8月20日日曜日

Collins KWM-1

コリンズのトランシーバー KWM-1。

CCA (Collins Collecters Association) によれば、KWM-2/2Aは約26,000台が生産され、KWM-1は約1,150台との事。入手した個体は過去の所有者により手が加えられていますが、生産台数を考慮すると致し方無いでしょう。

2017年8月11日金曜日

Collins KWM-2A - CW Operation 2

KWM-2AでCW運用をスムーズにするためには、以下の2つの方法があります。

1. BFOに455.8KHzを追加、サイドトーン周波数を800Hzに変更、CWフィルタ増設(必須)
2. BFOに455,8KHzを追加、サイドトーン周波数を800Hzに変更、455.0KHzを注入、CWフィルタ増設。

オプション1はサイドトーンによる従来の方式ですのでCWフィルタの増設は必須となります。オプション2はキャリア注入方式で、既存のBW 2.1KHzのフィルタでも運用はできますが、やはりBW 500Hz程度のCWフィルタを増設すべきでしょう。

InradのBW 500Hzフィルタ、455.0KHzと455.8KHzのクリスタルと必要なパーツは入手済みで、あとは気力と体力ですが、さて、いつになりますか。

2017年8月6日日曜日

Collins KWM-2A - CW Operation 1

KWM-2Aは、32S-3以降の様なキャリア注入ではなく、1750Hzのサイドトーンを使用しているため現実的にはSSB専用機となりますが、これを何とかしたいと言う訳。

まずは手持ちのエレキーをプラスとマイナスキーイングの両方に対応する様にします。

エレキーはマルツが販売しているOIKey-F88。これにトランジスタ、ダイオード、抵抗 x 2からなる回路を追加。

2017年8月2日水曜日

Collins KWM-2A - VFO Stabilizer

KWM-2AのVFOは現行機とは違い、ドリフトするのがデフォルトですので、エフアールラジオのPTO LOCKにて低減。

PTO LOCKは、英cumbria designsのX-LOCKをベースに70-K2 PTOへアレンジしたものです。特殊なパーツは使用していませんので自作も容易でしょう。