2017年6月21日水曜日

Collins KWM-2A Maintenance - 1

真空管ソケット各ピンの抵抗値 (Tube Socket Resistance)測定。

KWM-2Aでは問答無用で交換を推奨される抵抗、コンデンサーがありますが、事前に真空管ソケット(V1〜V17) 各ピンの抵抗値を測定し、劣化の当たりを付けておきます。Collinsの機器、特にSラインやKWM-2/Aはメンテナンス情報が多いため、大変助かります。

2017年6月13日火曜日

Collins KWM-2A Maintenance - 0

暫く放置状態のKWM-2Aでしたが、メンテナンスのため筐体からの取り出し。


部品の入手などで少し時間がかかりそうですが、目の前にむき出しのKWM-2Aがあれば放置となる事はなさそうと言う事。

2017年6月11日日曜日

Amateur Radio's Licence

2017年5月11日に電子申請を行なった無線局免許状が到着。免許年月日は2017年6月6日。


予想はしていましたが、プリフィックスはJJ1で、さらにその後にも「J」が1つ入っており、全くCW向きではない識別符号でした。時間を置いて移動局を申請してJK1でも狙いましょうかねぇ。

2017年6月6日火曜日

Extension Adapters

mT管のソケットアダプター。


R-390AやKWM-2Aの調整用。(mT 9ピン x 2、mT 7ピン x 1)

2017年6月3日土曜日

Hermann Abendroth

久しぶりの盤。Abendrothは見つけた際には入手する様に心掛けています。



Beethoven Sinfonie Nr. 9 & Schubert Sinfonie h-moll
    Hermann Abendroth - Rundfunk-Sinfonie-Orchester Leipzig
    独ETERNA 8 22 175-176

2017年5月23日火曜日

External Audio Transformers for R-390A

R-390Aのローカル出力インピーダンスは600Ωですので、600Ωのスピーカーが無い場合は、8Ω若しくは4Ωに変換する必要があります。


従来は東栄変成器のトランスを使っていましたが、TRIAD-UTRADのトランスを入手しましたので、これに交換。どちらのトランスでも良い訳ですが、米国製のトランスで聴きたいと言う訳で。

2017年5月20日土曜日

Rectifiers of R-390A

R-390Aの整流を入手時のシリコン ダイオード整流からオリジナルの真空管整流(Tung-Sol 26Z5W x 2)に戻します。


R-390Aの重量から延び延びになっていた電源回路の変更。まぁ、半導体整流の方が優れているのは判っていますが、好みと言う事で。

2017年5月17日水曜日

Kenwood TS-590SG

Kenwoodのトランシーバ。


開局用の現行機。Collins KWM-2A + 312B-5が稼働出来る様になった時点で、変更の申請を行う予定。

2017年5月8日月曜日

Collins 312B-5

コリンズのステーション コントロール 312B-5。


KWM-2A用のスピーカーとして312B-3を探していましたが、偶々312B-5がありましたので、これ幸いと入手。これでRITの無いKWM-2Aのオペレーションが楽になります。


さて、そろそろ局免を申請しなくては。

2017年5月7日日曜日

Collins KWM-2A

コリンズのトランシーバ KWM-2A。


電源ユニット516F-2の相手。クリーニング、調整が必要な個体で、今後の楽しみとして入手。但し、平成34年12月以降は電波を出せなくなりますので、それ以降は飾りとなる運命ですがね。